ダ・ヴィンチ祭アプリ2017登場!「team ASAI」特別インタビュー!

投稿者:s-date 投稿日:2017年8月4日 アクセス数:410

今年もこの季節がやってきました。

第22回 ダ・ヴィンチ祭2017 !!!(8/5)

*ダ・ヴィンチ祭公式Webサイトはこちら -> http://www.davinci-fest.net/

 

そしてこのダ・ヴィンチ祭に欠かせない「ダ・ヴィンチ祭アプリ」が去年に引き続き今年もリリースされました。

*去年の記事はこちら -> 「ダ・ヴィンチ祭アプリ登場!開発チーム「team ASAI」に直撃インタビュー!」

 

このアプリはダ・ヴィンチ祭を更に楽しむためのアプリとして、去年のダ・ヴィンチ祭では注目を浴びていました。

今年は、更に機能がパワーアップしたとのことで、早速今年も「ダ・ヴィンチ祭アプリ」開発チームの「team ASAI」に突撃インタビューを行ってきました。

今回、インタビューに応じてくれたのは「team ASAI」のリーダー浅井さん(情報システム工学専攻2年)と高松さん(情報システム工学専攻2年)です。

—- team ASAI ロゴマーク —-

 

  • 早速ですが、昨年とは違う点などありましたら教えてください。

浅井:今年は主に2つの点が新しくなってます。

まず一つ目が、昨年、アプリのリリースが公開直前になってしまったことを反省して、なんとダ・ヴィンチ祭(8/5)の三週間前に公開することができたことです。そのため、ダ・ヴィンチ祭の情報を事前に知ることができるようになってます。

二つ目が、これはまだAppleの審査待ちが終わってなくて断言はできないのですが、待望の「大学のどこにいるのかわかるMAP(予定)」を実装しています。この機能はなんとか当日に間に合わせたい…!まさに今戦い中なんですよ。

その二つが2017年のアップデート版の主なポイントですね。

  • MAPは早く見てみたい!そんな「team ASAI」の今年の目標はなんですか?

浅井:ズバリ、「インストール数500突破!」です。昨年のインストール数が200だったんですけど、今年は早くから公開したこともあって現在(7/28時点)のインストール数は100ちょっといってるんですよね。このペースでインストール数を増やして行って、ダ・ヴィンチ祭前日までに昨年の200人に届くかなって思ってます。それと、ダ・ヴィンチ祭って毎年来場者数2000人なんですよね。だから、当日どれだけインストール数を伸ばせるかが鍵になってくるかと思います。

 

  • つまり当日300インストール稼ぐということですね!すごいです。昨年は当日「team ASAI」取材班が走り回ってアプリと連携してましたけど、今年も当日大忙しなんですか?

浅井:もちろん(笑)。ですが、今年は当日ユーザのサポートに徹しようと思っています。というのも、「アプリのインストール方法がわからない」だったり、「使い方がわからない」だったり…昨年経験してまして。アプリの使い方レクチャーとかやっていくつもりです。

 

 

  • なかなか今年も大変そうですね。昨年に引き続いて今年もアプリを開発することになった経緯はなんですか?

浅井:昨年は実験的にダ・ヴィンチ祭専用のアプリを公開して来場者に使っていただいたのですが、ユーザがアプリを楽しんでいる姿を見て、『よし、2017年もアプリを通してダ・ヴィンチ祭を楽しんでもらうぞ!』と思って開発に踏み出しました。僕に付いてきてくれる仲間もいましたしね。

 

  • なるほど。昨年のメンバーの中にはもう卒業してしまった人もいたかと思いますが、今の「team ASAI」の人数はどうなっているんですか?

浅井:今は6人でやってますね。新メンバーを加えて楽しく開発をしてます。僕は今年で卒業してしまうのですが、来年も引き続きこのプロジェクトをやって行ってもらいたいので、新メンバーには期待してますよ。

 

  • 来年も継続する予定なんですね。「team ASAI」という名前は来年も?

浅井:もちろん。「team ASAI」は永遠に不滅です。

 

  • ーム名の由来は浅井さんの名前とは関係ないんでしたっけ?(*去年の記事参照)

浅井:いいえ。僕がリーダーだからですね。

 

  • 最後に、tpumarker読者にメッセージをお願いします。

浅井&高松:みんな、インストールしてね!!

 


インストールはこちらから↓↓

 

iOS

Android

記事一覧に戻る


この記事へのコメント

まだコメントはありません

コメントをするには学内から接続してください。

PickUp

県大生が21世紀を破壊するとんでもないマスクを開発する


詳しくはこちら

後期の始まりが台風と一緒にやってきた!授業は通常通りの模様


詳しくはこちら

チャレンジ the ものづくり レポート


詳しくはこちら