来週、学内で流行っているであろう言葉を予想してみた。

投稿者:sakurai 投稿日:2017年12月5日  アクセス数:133

こんなふざけた記事を見ていただきありがとうございます。sakuraiです。来週学内で流行っているあろう言葉をこの場を借りて予想したいと思います。

その言葉は本題で話しますので、みなさん考えてみてください。

まず富山県にまつわるアニメの話をしてから、本題を話していきたいと思います。

 

日本のアニメ文化について

近年アニメ文化は発展しており、様々なアニメが製作・上映が行われ、世界に誇れる日本の文化にまで成長してきました。アニメには様々なジャンルがあり、国民的なアニメの1つである藤子・F・不二雄作の「ドラえもん」や、昨年大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」など、日本人でアニメを見た事がいないくらい、アニメは一般的に広まってきています。

 

富山県のアニメーション制作会社

それらのアニメを製作するアニメーション制作会社は、全国各地に存在します。富山県にもアニメーション製作会社「P.A.WORKS」が存在し、数々のアニメーション制作を行っているが、その中でも富山県内や石川県を舞台としたアニメ作品の制作も行っています。

 

地域が舞台となったP.A.作品

富山県が舞台となった作品には、南砺市が舞台となった「true tears」、黒部市周辺及び黒部ダムが舞台となった「クロムクロ」があり、石川県金沢市にある湯涌温泉が舞台のモデルとなった「花咲くいろは」があります。地域が舞台となったアニメ作品には、その地域に実在するものをモデルにした建物や町並みが作品に出てくるため、ファンの中には聖地巡礼のためにその地域に足を運ぶ人が多くなってます。

 

聖地巡礼 大きな経済効果に

その聖地巡礼は経済効果にもつながっており、全国で100億円以上の経済効果と数十万人の観光客を各地に誘致しています。

先ほど紹介した「花咲くいろは」では、アニメの影響で観光客数は約6万人(2013年)になり、放映前の前年度の数字を7.4%上回りました。さらにアニメに登場する「湯涌ぼんぼり祭り」を2011年から実際に開始すると、初年度は5000人、翌年には7000人の観光客が訪れ、祭りを楽んだそうです。この祭りに筆者も参加し、実際に楽しんできました。

聖地巡礼は今後も大きな経済効果を生み、町おこしのきっかけとなることが期待されています。

 

ここまでは前置き
(せっかくなので富山県のことを書きました、、、)

みなさん、そろそろ答えがわかってきましたか?

来週学内で流行っていそうな言葉です。

ヒントは 「県大生はアニメ好き」、「アニメ」、「聖地巡礼」、「来週」。

※一旦停止推奨 答えが予想できた方は下にスクロール↓

 

 

 

 

 

 

 

ーーここから本題ーー

来週学内で流行っている言葉を予想します。

それは、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガルパンはいいぞ!」です。

どうでしたか?あっていましたか?

 

筆者が思う理由、、

アニメ効果で大きく町おこしを成功させたアニメ「ガールズ&パンツァー」(通称ガルパン)が今週末12月9日(土)に劇場版 最終章 第一話が富山県ファボーレにて公開されるためです。

 

ガルパンとはなんぞや?って方のために簡単に紹介します。

ガルパンとは

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子の嗜みとされている世界。県立大洗女子学園に転校生の西住みほがやってきた。戦車道が嫌いで、戦車道がない大洗女子を選んだみほ。 ところが転校そうそう、生徒会長に呼び出され必修選択科目で戦車道を選択し、戦車道全国大会に出場するよう強要される。しかも、集まったメンバーは個性派ばかり。華道家元の娘の五十鈴華、恋に恋する武部沙織、戦車マニアの秋山優花里、朝に弱い優等生の冷泉麻子。友達と普通の女子高生活を夢見るみほのささやかな願いは叶うのか?”

出典:ガールズ&パンツァー (がーるずあんどぱんつぁー)とは【ピクシブ百科事典】より引用

女子高生と戦車が出てくるアニメになっています。

女子高生×戦車という組み合わせから、聞いた感じ物騒に思う方も多いと思いますが、そうではありません。

 

ガルパンを大雑把に説明すると

「乙女の嗜みである「戦車道」に則り、女子高生が戦車に乗って互いにバトルをして、友情、絆を分かち合うハートフル・タンクストーリー」

戦車が出るからといって死人が出るわけでなく、ガルパンの世界では戦車内には特殊カーボン素材が施されており、いかなる砲撃、打撃が戦車に直撃しても安全という設定になっているため、安心してみることができます。

またミリタリー好きの人が満足出来るよう、実際に戦争で使われた戦車や実践投入されなかった戦車が登場します。そしてそれらの戦車がヌルヌル動きます笑。そのため、ミリタリー好きやそうでない方にも関心してみることができる作品になっています。

 

 

一昨年、劇場版 GILS und PANZERが公開され、その映画で伝え尽くせないほどの多くの感想を語るべくもなく、僅か一言を言うにとどめてしまうのであった。

”ガルパンはいいぞ”

今週末12月9日(土)に新たなガルパンの映画が公開するので、この言葉がまた再来すると筆者は予想しています。

 

 

最後に、もう一度告知します。

今週末12月9日(土)に劇場版 最終章 第一話が富山県ファボーレにて公開されます。

みなさん劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

(最後までふざけた記事にお付き合いいただきありがとうございました。)

 

富山県ファボーレ映画館情報

https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=014878

記事一覧に戻る


この記事へのコメント

まだコメントはありません

コメントをするには学内から接続してください。

PickUp

       

デザイン勉強会開催決定!


詳しくはこちら

新入生必見!3団体合同BBQ開催!


詳しくはこちら

履修登録はお済みですか?


詳しくはこちら